企画書を書きたい!が、企画書が思いつかない - 企画書・提案書・プレゼン資料の書き方 | mugs.jp

当たりそうな企画を思いつけ!企画を考える編

1. 企画書を書きたい!が、企画書が思いつかない

その企画は周りを動かすに足るだけの力があるか?!

◆企画書の考え方/まとめ方>企画を考える編

 すでにこういう企画書を書こう!とか、おおよそのアイデアはすでに持っているという人も多いのだろうと思いますが、ちょっと少々落ち着いて、その企画案が“当たる”のか“ハズレる”のか、今一度落ち着いて考えてみてはどうでしょう。まずは“リサーチ”してみるだとか、相手の立場になって考えてみるだとか、そういった要素も必要かもしれませんが、そんなことはわかっているので二の次です。

 このページを読み進める上で最初に考えてほしいことは、自分の企画が周りを動かすに足るだけの力があるか?企画にどういう視点があれば誰もが「アリ」だと思ってくれるのかを考えてほしいわけです。

関連記事