企画書やプレゼン資料を作るためにはパワーポイントとかを使う - 企画書・提案書・プレゼン資料の書き方 | mugs.jp

企画プレゼン資料の誰にでも作りやすい基本形!プレゼン資料の作り方

1. 企画書やプレゼン資料を作るためにはパワーポイントとかを使う

資料制作にはMicrosoft 社のPowerPoint「パワーポイント」が一般的

◆企画書の考え方/まとめ方>プレゼン資料の作り方

 プレゼン資料を作るために、手書きで書く!という人もいるかも知れませんが、Microsoft 社のPowerPoint「パワーポイント」というソフトを使うことが一般的になっています。
 デザインソフトの経験がある人は、Adobe(アドビ)社のIllustrator(イラストレーター)というソフトを使う人もいるかも知れませんが、一般の事務系などでもシェア率の高いPowerPointのほうが他の人でも修正しやすいため、PowerPointが利用されることが多いでしょう。
PowerPointはWordやExcelと一緒に購入される人や、ノートパソコンなど購入時にインストールされているパソコンを購入される人も多いかもしれません。
やや高価でもあるため、1ヶ月あたりいくらというような契約で利用することもできます。

 ちょっと高いし、使いこなせるかわからないので契約は怖いという人は、キングソフトのWPS Officeシリーズでも、同様の操作感でプレゼン資料を制作することができます。

関連記事