「来年やればいい」企画はハズレるか相手にされない - 企画書・提案書・プレゼン資料の書き方 | mugs.jp

当たりそうな企画を思いつけ!企画を考える編

3.「来年やればいい」企画はハズレるか相手にされない

まったく相手にされずに終わるかどうかは、実はすぐにわかる

◆企画書の考え方/まとめ方>企画を考える編

 お客さんが考えているアイデアや企画、もしくはあなたが今考えている企画やアイデアが、成功するか失敗するかある程度の結果を出せるか、まったく相手にされずに終わるかどうかは、実はすぐにわかります。

 あなたが良いアイデアや企画を思いついた時、まず最初に「それは今すぐやらなければ意味がないものか?」ということを考えてみてください。「通る企画」というのは、「今すぐ始めなければ価値の無いもの」すぐに動き始めなければ鮮度が落ちてしまう!という理由がなければ誰も見向きもしません。「いいアイデアだね。(来年やってみよう)」というお世辞だけもらっても企画としての価値はないのです。

関連記事