企画プレゼン資料の提案内容は、企画の「背景」にもサラッと触れる - 企画書・提案書・プレゼン資料の書き方 | mugs.jp

企画プレゼン資料の誰にでも作りやすい基本形!プレゼン資料の作り方

3. 企画プレゼン資料の提案内容は、企画の「背景」にもサラッと触れる

背景を語れば「目的」や「主張」がわかりやすくなる

◆企画書の考え方/まとめ方>プレゼン資料の作り方

 最初に語られるべきは、企画を取り巻く「背景」であったり時代的な要因であったりします。なんの前触れもなくいきなり面白い企画を思いつく場合もあるかもしれませんが(その場合は、自分でなぜそう思ったのか分析してください)なにかしらの影響(きっかけ)を受けて、企画を思いついたのではないでしょうか?業界的な規制緩和であったり、技術革新であったり、インターネットやスマートフォンの普及であったり、ライフスタイルの変化であったり…時代的な何かしらの要因ときっかけが、背景として語られると、その後の「目的」や「主張」がわかりやすくなります。

 「背景」とともに「目的」にも触れましょう。実現を目指す事柄について書きます。目的実現のために「○○を□□する」といった具体的な事柄にも触れましょう。

関連記事