企画を始めればこんなメリットがあり問題も解消される - 企画書・提案書・プレゼン資料の書き方 | mugs.jp

企画プレゼン資料の誰にでも作りやすい基本形!プレゼン資料の作り方

6. 企画を始めればこんなメリットがあり問題も解消される

二番煎じ、三番煎じ、状況がどんどん悪化する恐れも

◆企画書の考え方/まとめ方>プレゼン資料の作り方

 企画が成功すれば、こんな風に価値があり、こんなメリットが生まれる! といった内容のことにも触れておきましょう。場合によっては、企画を実行することでありえる、何かしらの良い波及効果もあるかもしれません。
 この企画がない今は、こんな感じの状況である。企画を実行しないことで二番煎じ、三番煎じになり、状況がどんどん悪化する恐れもあるかもしれません。
 今すぐ始めるということも加えられれば「いいね!3年後にやってみよう」という体の良い断られ方をしなくて済むかもしれません。
 現状に問題があって、その解決策にもなる場合はそのことにも触れてもよいかもしれません。

 最終的には、自社に限らず業界的に、社会的にも意義のあることかどうか、多くの人の未来にとって、どうあるべきかを考えた上で、企画意図が社会的に貢献できるものであるとすれば、簡単に反対するという形にはならないはずです。

関連記事